2006年10月10日

北朝鮮地下核実験後の対応は如何にあるべきなのか

今日の午後は、北朝鮮の核実験のニュースで持ちきりでした。


ニュースを見ていても、今日 実験されたのが どの程度の核兵器だったのか、、

また、どの程度の核兵器を持っているのか、、

は定かではないようですが、、、、

北朝鮮が核兵器保有国の仲間入りをしたのは間違いないようです。


北朝鮮は、国民が飢えに苦しんでいるようであり、近未来に政情不安が起こり得る国です。

加えて、現政権も、国家政策としての拉致、麻薬製造、偽札製造などをやっている可能性があるなど、少々(かなり)エキセントリックなところがあります。

そのような状態での核保有は、近くの国で暮らすものにとっては、非常に気持ちの悪いものです。

ソ連邦は崩壊前から核兵器を持ち、崩壊時/崩壊後も特に大事には至っていない という前例もあるため、心配し過ぎる必要は無いのかも知れませんが、不安は尽きません。


では、どういう対応をとるべきなのでしょう?

米国にしろ、中国にしろ、ロシアにしろ、そして 日本も、 本日のニュースを見ている限りでは、強硬な態度を示しているようです。

ですが、北朝鮮は核の盾を有してしまっており、話はそんなに簡単ではありません。


北朝鮮が自棄になり、「経済制裁は宣戦布告とみなす。 経済制裁を解かなければ、東京を攻撃する。」  というようなことを北朝鮮が言い出した場合(言いそうな気がします)、どうすれば良いのでしょう???

米国が本気で攻めれば、北朝鮮などひとたまりも無いのでしょうが、「窮鼠 猫を噛む」という言葉もあるとおり、その時には日本も相当手ひどい被害を覚悟しておかねばなりません。

であれば、北朝鮮を正面から攻めることは非常に困難です。 (世界秩序のために、日本が犠牲になる、、というシナリオも無いではないですが、日本経済の受ける打撃が世界経済に与える影響を考えると、米国もそういうシナリオは書きにくいでしょう。。。。)


では、北朝鮮に対して 妥協すれば何が起こるのか??

北朝鮮は、ますます軍事力に磨きをかけ、米国他にとって北朝鮮の脅威は増します。

それは誰もが避けたいはずです。


独裁政権がうまく終わり、民主政権が始まれば(その場合には おそらく韓国と合併するのでしょうが)、安定はするでしょう。

漫画の読みすぎかもしれませんが、ゴルゴ13の登場が望まれるところです。


安倍首相着任早々ですが、非常に難しい外交問題勃発ですね。。。

日本を始め、関係諸国がどのような対応をするのか、じっくり勉強させてもらおうと思います。

この件に関する安倍首相の手腕は、株式マーケットにもダイレクトに効いて来るでしょうし、目が離せません。









posted by 熊一族 at 00:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。