2006年09月18日

【読書日記】旅の極意、人生の極意 by 大前研一

大前研一著 「旅の極意、人生の極意」を読みました。

tabinogokui.jpg


私も旅が大好きで、長期休暇にはあちこちに行きます。

ですが、この本を読み、大前研一氏と比べて根本的に2つ点で劣るな、、 と感じました。


まず、1点目。

旅行先に対する情熱・事前調査。

私は、行った先々の空気を感じるだけで満足してしまい、その場所の最高のものを感じよう、という欲は余りありません。

その時はそれで良いのですが、こうした旅行記を読むと、、、

あの時 もっとああしていればよかった、、、 あそこにも行っとけば良かった、、、  と後悔の念に駆られることも。

「もう、ここを旅行するのは最後かもしれない・・・・」 くらいに考え、全ての場所に情熱をかけるべきなんだと思います。

おそらく、このことは旅行だけでなく、人生の全てに関して当てはまることなのでしょう。

全てのことに対し、一生懸命取り組まなければいけないな、と再認識しました。


2点目は、人生の過ごし方。

金銭的な違いは勿論のこと、ゆっくりと休暇を取れるような生き方をしていません。

仕事をするときには思いっきり仕事をし、OFFは思いっきり真剣に遊ぶ、、 そうしたライフスタイルを追求することは重要だと思います。



尚、この本では 大前研一さんがオススメの旅行プランがたくさん載っているのですが、その中で特に行ってみたいところは、、

  • ヴェネチア: これまで2度ほど行ったことがあるのですが、次回は是非「ホテル・ダニエリ」で朝食を楽しみたいと思います。

  • シリヤライン: フィンランドースウェーデンの一泊クルーズ。 北欧は、出張で何度か言ったことがありますが、あの空気の中でのクルージングは最高だと思います。

  • ドバイ: 以前、航空機関係の仕事をしていた頃、エミレーツ航空が 関西空港ードバイ間の直行便を運行する記念パーティー@パークハイアットホテルに出席したことがありました。 その頃から気にはなっているのですが、、、  お金を貯めてから行きたい場所です。

  • アマンプリ: 高いリゾートよりも、手頃なリゾートに長期間滞在するほうが良い、という主義でしたが、最近考えが変わりつつあります。 アマンプリを含め、アマンリゾートは是非とも泊まってみたいリゾートホテルです。

  • ノース・ストラッドブローク島: オーストラリアにはこれまであまり興味が無かったのですが、この本を見て考え方が変わりました。 延々と続く 海岸沿いの砂浜のドライブ、かなり魅力的です。



Seesaaブログでは、あなたのオススメの本を紹介した記事を募集しています。特設ジャンルの「あなたのオススメの本を紹介してください」から記事を投稿してください。抽選で図書カードを5名様にプレゼントいたします。
詳細はこちら

posted by 熊一族 at 00:08| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

大前研一「旅の極意 人生の極意」
Excerpt: 大前研一「旅の極意 人生の極意」(講談社) 世界的経営コンサルタントの発想の原点は、若き日の添乗員時代にあった!「添乗員・大前研一」が案内する15のプレミアムツアーから学ぶ、大前流・人生を豊かにする技..
Weblog: ポロと旅する~あさちゃん。と一緒
Tracked: 2006-10-01 11:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。