2006年08月13日

企業とCSR

最近、CSR (”Corporate Social Responsibility”) という言葉をよく耳にします。

私の働いている会社でも、いつの間にか CSRを推進する為の組織が出来ており、いろいろ活動をしているようです。


私も、会社企画のボランティアで面白そうなものがあれば 参加したりしているのですが、、、

いろいろと疑問を感じます。


CSRとは 企業の本業を通じて社会の為になることをやる、反社会的なことはしない というようなものだと理解していました。

企業とは、@サービスを提供してお客さんからその対価を受け取り、Aその中から従業員や仕入先等に支払いを行い、B銀行等に借入金の金利を支払い、C残ったお金を再投資する or 投資家へ分配する というものだと考えています。

株主は企業に対し、上記のような活動を上手く行い、投資資金を増やしてもらうことを期待して、投資するわけです。

Sustainableに株主の投資資金を増やす為には、客、社会、取引先、従業員等 直接かかわるステークホルダーをハッピィにすることが不可欠です。

そのように、皆をハッピィにする行為(→ 本来の株主利益に直接的に利する行為)こそ、CSRの主目的であり、あるべき姿だと考えていたのです。


ですが、最近話題になっているCSRの多くは、私のイメージとは趣旨が少し違うような気がします。

企業が本業と直接関係の無いところで寄付を行ったり、本業とは全く関係の無いところで社員のボランティアを企画して運営費を会社が出したり。

結果として、その寄付の結果、企業のブランドイメージが上がり、収益増に貢献する、、 ということなんでしょうかね。

それならそれで CSRは株主価値の向上に役立っており、企業活動として納得できるのですが、なんだかしっくり来ません。 

(そんなものなのかも知れないのですが、従業員や社会が企業にそういう期待をしていること自体に納得出来ません。)



ドライな考え方をする私としては、寄付やボランティアは 企業主体ではなく、個人が主体で行うべきだと考えています。


企業へ投資されるお金の出所を考えると、機関投資家のお金にしろ、別の企業のお金にしろ、全てはその究極の出所は個人に帰着します。

各個人は、意識するしないに関わらず、貯金/株式投資/保険/年金等のポートフォリオ運用をしているわけですが、企業へ投資されている部分のお金に期待していることは、リターンだと思います。

ですので、企業は、直接 関係する人達を幸せにし、株主へのリターンを最大化することに専心するべきだと思うのです。


一方、企業の経済活動だけで世の中が上手くいかないのも事実です。

その部分は、企業が行うのではなく、各個人が自分の意思で ポートフォリオの一部を寄付したり、時間を使ってボランティアを行えば良いと考えています。 (私も、小額ではありますが 賛同出来るNPOに寄付したこともあります。)


とは言うものの、自分の納得して寄付をしたくなるようなNPOがどこなのか、また 自分の納得の行くボランティア活動が出来る機会はどこにあるのか、 そうした情報が少なく、個人ベースではなかなか動きづらいというのも事実です。

信頼できる 寄付情報/ボランティア情報 がインターネット上でAvailableになれば良いのになぁ、、と切に思います。

大々的にそういう情報サイトを運営してくれるIT企業なんて無いのでしょうか?

ニーズは結構あると思います。

 


posted by 熊一族 at 01:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

有田焼

今日は、友人(アメリカ人)への結婚プレゼントを買いに、「和」を感じさせる逸品を探して池袋の西武百貨店に向かった。

そこで出会ったのが、有田焼。

特設コーナーがあり、専門の販売員がいた為、いろいろ教えてもらった末に購入に至ったのだが、色々気づくことがあった。


まず、ディスプレイの仕方

ぱっと見た感じ、無造作に積まれてあり、安物の食器が売られているように見える。

が、価格を見ると、1枚 数千円〜1万円を超えるものも。

これでは、なかなか買う気になれない。

価格からして そんなに売れるものではないだろうから、もう少し気を遣っても良いのではないか。


そして、上記のディスプレイとも話は絡むのだが、ブランド戦略を持てばもう少し買う気をそそることが出来るのではないか?

販売員が言うには、あの高級陶磁器メーカーの マイセン と比べても、質は劣らないらしい。

話半分に聞いたとしても、少なくとも僕の目からは質の違いは分からない。

でも、価格は全く違う。

この違いの原因、明らかにブランド力の差だろう。


それなりの質を有するものであれば、「大枚を払っても買いたいな、、」 と思わせる情報提供、イリュージョンの創出をもっと気合を入れてやれば、国内のみならず世界でも結構イケルんじゃ無いかな、、という気がする。
posted by 熊一族 at 20:53| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

Jet Blueに乗ってみた

今日、私の米国株ポートフォリオにある Jet Blueを初めて利用した。
  
Aircraft.jpg


私の理解では、Jet Blueは その低コスト体質を強みとし、低価格でのサービス提供によりで他社を打ち負かし 利益を出している、と考えており、機内サービスにはさほど期待していなかった。

が、実際にジェットブルーに乗ってみて、私のこれまでの理解が間違いであったことが判明した。


ニューヨークのJFK空港から同エアラインを利用したのだが、まず Jet Blueの入っているターミナルの雰囲気が良い。 

空港に着いたのは朝の8時ごろだったのだが、種々レストランが比較的盛況。 

同じJFKでも、悲しくなるほど店の無いターミナルもあるので、この点非常にGOOD。


次に感動したのが、無料の無線LAN。 

空港内での無線LANはよく目にするが、ここでは無料だ。 

ビジネス客にとって、これは非常にありがたく、また嬉しいのではないか。 

これを理由にJET BLUEを利用するビジネス客が増えるなら、無線LANサービスの費用対効果はかなり良い気がする。


そして、機内へ。

座席は灰色の革張りシート。 座り心地はなかなか良い.

また、各座席には DirecTV が設置されている。

イヤホンは持参 or 機内で購入する必要があるものの、なかなか良い。

座席のピッチ(足を伸ばすスペース)も、なかなか広い。 (機体の前半分はピッチが狭く、後ろ半分はピッチが広くなっている。 私は後ろに座っていた。)


機内サービスもユニークでなかなか良かった。。 

ワゴンサービスではなく、キャビンアテンダントがまずドリンクの注文を取りに来る。

その後、注文の品を座席にデリバリーする形式。

キャビンアテンダントは皆 笑顔で応対をし、感じが良い。

勝手な推測ではあるが、ワゴンを利用しないことで その分費用を浮かすと共に、ドリンク搬入を簡素化出来ているのではないだろうか。  

搬入の簡素化はターンアラウンド時間(着陸から次回の離陸までの時間)の減少をもたらす。

短いターンアラウンド時間は、彼らの低コスト経営の源泉の一つであり、このポイントは彼らの収益性にとって非常に重要だ。


西海岸まで約6時間弱のフライトだったが、ドリンクの他、JET BLUE特製菓子 + スナックボックスが配られた。 下の写真はJet Blue特製の青いチップス。 見た目はあまり良くないが、味はまずまず。
  
chips.jpg



全体的な感想として、同エアラインは 空港→空港のトランスポーテンションを売るのみでなく、空港・機内を含む場所での素晴らしいエクスペリエンスを売っている ことを実感した。

「Experiencial Marketing」という概念を聞いたことがあるのだが、まさにそれを実践している。


つまり、jet Blueの強みは、低コストのみでなく顧客を惹きつけるサービスにもあるのだ。

実際、多少高い金を出しても、長距離を乗るのならjet Blueにしようかなぁ、、という気がする。

マイレージ 命 の私としては、国際線を飛ばす大手に比べマイレージの魅力が低いことが玉に瑕だが、、、。



posted by 熊一族 at 14:52| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月30日

ネットワーキングサイト

今週、“sms.ac”という携帯/PC兼用のネットワーキングサイトの招待E-Mailを2人の友達から受け取った。

今日、試しに登録してみた。

招待E-Mailに書かれたURLにアクセスし、言われるとおりに手続きを進めると、会員にはすんなりなれたが、招待してくれた友人とのリンクは無し。 

代わりに、全く知らない白人女性がいきなり “Friend”の欄に顔写真つきで登場した。


何なんだろう?? と思いながら、招待してくれた友人を“Friend”の欄に加えようと会員検索をしてみたところ、、、探す人の性別、年齢、住所 等 希望の条件を聞かれ、適当に答えると、顔写真がずらり。 

結局、友人は見つからなかった。


代わりに、18歳から21歳までの日本人と思しき女性の顔写真は一杯見つかったが。。。 (招待してくれた友人は、2人とも30代前半の米国在住の男性なのだが、思わず違う条件を入れてしまった結果が、これらの顔写真。)

顔写真の横に、「Add to friend」というコマンドがあったのでちょっと気になったが、特に行動はしなかった。

このサイトって、もしかして 出会い系?? との感をもったまま、終了。



昨年以来、このサイトの他にも、いくつかのネットワーキングサイトの招待E-Mailをもらい、その度に、試しに登録してみた。

これまで、、「sms.ac」の他に登録したのは、「Orkut」、「Linked In」、「Mixi」。


「Orkut」と「Linked In」は、基本的に実名登録制で、名前と共に 仕事や興味等の情報を開示する。 これらは、実社会におけるネットワーキングを、インターネットの世界で補完する感じだと思う。

「Orkut」は、登録しただけで全く活動はしなかったが、「Linked In」は登録当初、積極的に活動した。 

知っている名前を探すと共に、こういうのに興味がありそうな友人に招待E-Mailをばら撒き、気合を入れてサイト内でのネットワーキング人数を増やした。友人達の簡単な履歴や、交友関係がわかり、それなりに楽しかった。 

最近はほとんどそのページをみることは無いが、、、。 僕に招待状をくれた友人と最近話をしたが、彼も同じような状況だという。


「Mixi」は、基本的に匿名制で、インターネットを利用したバーチャルネットワーキングコミュニティ。 その性質からして、「Orkut」、「Linked In」と利用方法は根本的に異なる。

「Orkut」、「Linked In」は米国発なのに対し、「Mixi」は日本のサイトであり、ターゲット顧客がネットワーキングサイト/コミュニティサイトに求めるものの違いの表れなのかもしれない。 

ちなみに、「sms.ac」も匿名制だったが、「出会い系」っぽい雰囲気が漂う分、「Mixi」よりバーチャルな度合いは低いように思う。


Mixiが提供するタイプのバーチャルネットワーキング には、非常に興味があったので、試しに積極的にのめりこんでみた。 

日本のカルチャーに上手く合っており、将来大きなビジネスチャンスの源となりそうな匂いを何となく感じたのだ。

バーチャルだけあって、気軽にいろんな人とネットワークが作れる。

意見交換、情報交換等、非常に面白かった。

同サイトのツボ(楽しみ方)がわかり、現時点ではもういいかな、、と考え(早い話が、飽きてしまい)、今では利用を休止し、幽霊会員になっているが、、。

もし、自分で何か商売をしているのであれば、こうしたバーチャルネットワークを利用して「口コミ」で自分のところの商品を宣伝する、、等の使い方は非常に効果的だと思う。 外部のブログと組み合わせることも出来、こうした目的ではかなり使い勝手が良さそうだ。 



ところで、上気したような有名どころのネットワーキングサイトは、どことも結構な勢いで会員数を増やしている。

が、自分の経験を通し、ふと疑問に思うことがある。

実際に活動している会員数は何人なんだろう??

親しい友人から招待を受けると、義理人情も働き 試しに会員になってみる人は多いと思う。

だが、そのサイトを使わなくなったからといって、脱退手続きをとる人はどれだけいるだろうか? (そもそも、脱退できるのかどうかもしらない。)

「XXXネットワーキングサイト、会員数XX万人突破」 といったニュース記事を見かけることがたまにあるが、「実活動人数はどれくらいなんだろう?」といつも考えてしまう。


ともあれ、この手のインターネットを利用したネットワーキングサービスは、今後も進化・発展を続けていくのはほぼ確かだろう。

今後、どういう方向に進むのか、また、どのようにして利益と結びつけていけるのか、は非常に興味深い。 

posted by 熊一族 at 14:14| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

CEOの給料

Forbesが、CEOの報酬ランキングを発表した。

  名前 (会社)               報酬合計(百万$) 内Stock Option

1 Terry S Semel(Yahoo)              230.6    230
2 Barry Diller(IAC/InterActiveCorp)      156.2    151
3 William W McGuire(UnitedHealth Group)  124.8    114.6
4 Howard Solomon(Forest Labs)         92.1    90.5
5 George David(United Technologies )     88.7    83.6
6 Lew Frankfort(Coach)               86.5    84.1
7 Edwin M Crawford(Caremark Rx)        77.9     69.8
8 Ray R Irani(Occidental Petroleum )      64.1    37.2
9 Angelo R Mozilo (Countrywide Financial)  57.0    34.4
10 Richard D Fairbank(Capital One Financial )56.7    56.5

何といっても、Stock Optionが、驚くべき高給の根源である。

3位のWilliam W McGuire氏(UnitedHealth Group)、8位のRay R Irani氏(Occidental Petroleum )、9位のAngelo R Mozilo氏(Countrywide Financial)は、ベースサラリー、ボーナス他の合計が1,000万ドルを超えているが、他の人はストック・オプションを除くとそれほど高額ではない。(それでも、日本の雇われ社長の給料と比べるとかなりいい数字だと思うが)


ちょっと前、ストックオプションを持つ経営者が、短期的に株価上昇をさせるために会計操作(合法、違法含む)をすることが米国で問題になっていたように記憶する。 経営者が、実質的な株主価値を上げずに、見せ掛けの株価を上げることに精を出してしまうようだと問題だ。

だが、いろいろ問題はあるにしろ、ストックオプションは、経営者に株主と似た利害関係を持たせる手段であり、株主から見て 経営者に株主利益に沿うように働いてもらうためには良い制度である。

安い給料で一生懸命働くが 株主価値を上げてくれない経営者よりも、実質的な株主価値をがんがん上げてくれて、その見返りにがっぽり報酬を持っていく経営者の方が、株主からすると好ましいのだ。


現在、日本でもコーポレートガバナンスの在り方に就き問題になっているが、「会社は誰のものか?」 「経営者は誰のために働くべきか?」 などが更に突き詰められ、株主価値を増大させる経営 に主眼がおかれるようになると、米国で起こっているのと同様のことが起こるのでは、と期待される。

現状、年収10億円を超えるような人というのは、資産家(会社その他資産を保有する人)で、金が金を生む好循環を実現できている人、そういう人の金をうまく運用して成功報酬ベースで収入を得ているファンドマネージャー、もしくは芸能人やスポーツ選手が思い当たる。

日本でも、プロの経営者が こうした高額所得者の仲間入りをする日も遠くないと考える。 その日に備えて、修行しておかなくては。

posted by 熊一族 at 11:02| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

温泉旅館の再生

Nikkei Netで面白いニュースを発見した。

ゴールドマンサックスと星野リゾートが、温泉旅館の再生指南会社を設立するとのこと。 

ゴールドマンサックスは温泉旅館などへ今後300億―500億円投資する方針で、再生指南会社では、数年間で50件程度の旅館再生案件を取り扱う予定らしい。

温泉好きとしては、非常に興味をそそられるニュースである。

10代のころから温泉が大好きで、20代後半には「日本秘湯の会」に入会するなどして、日本全国の温泉地を巡るのが趣味であった私。


あちこち旅行し、「せっかく良いお湯なのに、感じ悪い。 ここをこうすればもう少し良い感じになるのに。。」

とか、

「何故この地で、このような夕食を出すの? (もっと、地元をアピールするものを出せばよいのに。。)」

とか、残念に思う経験を多くしてきた。


よくよく考えてみると、こういう状況を生み出している、温泉旅館経営者の罪は大きい。

温泉は、その地が誇る非常に貴重な観光資源だ。 経営者は、折角の大事なリソースを最大限有効活用するべきだ。

優れたマネージメントによって、その貴重な資源を有効活用できるようになれば、地域経済、ひいては日本の発展につながると思う。

その意味で、今回の動きは興味深い&楽しみだ。


ただ、心配も大きい。

それは、今回の仕掛け人が、外国人投資家の利益を代表する集団だということだ。

マーケットの論理が入り、速いペースで経営が改善されるのは良い。

だが、マーケットの論理は万能ではない。

投資家へのリターンを最大化するマネージメントと、長期的に資源を最大限活かすマネージメントは、完全には一致しないのではないか。


それにはどうすれば良いか?

各温泉に思い入れのある人から出資を募ってファンドを設立し、その人たちの利益(金銭+長期的視点)にかなうような経営がなされれば最高だと思うのだが、難しいのだろうか?

早く力を付けて、将来的にはそういったことにも挑戦したい。
posted by 熊一族 at 08:55| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

ラジオとインターネットの融合

ライブドア、ニッポン放送関連で騒がれているネタなので、

それに便乗して私見を述べてみることにします。


ラジオ、、、

少し前まで、最早金を稼げない、旧世代のメディアだと考えていました。

が、昨年末、あることを知り、考え方が少し変わりました。

そのあることとは、アメリカには衛星ラジオを扱う会社が2社あり、

順調に聴取者の数を増やしている(まだまだ小規模のようですが、、)という事実です。


ラジオの為に人工衛星を打ち上げる。

「何という無駄なことを、、、」

というのが、はじめの率直な感想でした。

以前、衛星打ち上げビジネスに趣味で興味を抱き、

いろいろ衛星利用法を妄想していたことがあったのですが、

衛星ラジオは想定の範囲外でした。


が、株式アナリストが書いたレポートを読んでいると、

将来の見通しはそんなに悪くないようです。

カーメーカー(含 トヨタ、日産、ホンダ)とタイアップし、

新車販売段階で受信装置を車に備え付けることで、

聴取者は着実に増えているとのこと。

ちなみに、聴取するには月々10ドル程度支払う必要があります。


テレビを見るのに、毎月50ドル超をケーブル/衛星テレビ会社に払うのが当たり前のアメリカと、

ケーブル/衛星テレビが増えているとはいえ、まだまだテレビは無料との認識の強い日本では、

根本的に状況が違うのかもしれないですが、

ラジオも商売になるのか、、と思いを新たにしました。


ここで、最近になった知ったのが、衛星ラジオに対する新たな対抗馬。

ラジオ/ミュージックコンテンツをインターネット配信し、

カーステレオやi-Pod、携帯電話で聞けるサービスの出現です。



料金も、衛星ラジオよりはお得で月額5ドル程度を計画中だそう。

衛星ラジオがこれまでがんばって育て上げた、お金を払ってラジオを聴く顧客層を、

このサービスがごっそり奪っていく絵が目に浮かびました。

(他人事だけに、今後の展開が楽しみです。)


よくよく考えると、

インターネット網が発達してきている現在、

インターネットこそ、コンテンツを配信する手段として最良なものでは無いでしょうか。

映像コンテンツを快適にインターネットで配信できるようになるのはもう少し先のことになるかもしれませんが、

音声サービスなら、技術的にすぐにでも実用可能です。

現に、インターネットラジオは栄えつつあるようですし。

(お気に入りインターネットラジオ)
http://www.streamaudio.com/radiostations/default.asp



コスト的にも、インターネットは衛星ラジオに使われる衛星や地上設備と異なり、

非常に多目的に利用されていますから、

初期コスト、管理コストともに衛星ラジオとは比べ物にならないくらい安いはずです。


そう考えるうち、ラジオとインターネットは極めて相性が良いという確信が高まってきました。

「インターネット」と聞くと、PC端末の前に座って利用するイメージが強いですが、

インターネットを利用してコンテンツをi-Podや携帯電話にダウンロードするイメージを考えると、

非常に良い感じではないですか! 

ラジオを聴く機会の多いクルマ、すなわちカーステレオにダウンロードすることを考えると、

尚すばらしいでしょう。 ラジオとCDが一緒になった感じです。



ラジオとインターネットが融合において、どういうことが重要になるのかも考えてみました。

ポイントとしては、良いコンテンツがなければ始まらない ということです。

配信手段はテクノロジーの発達に伴い、いろいろ進化が見込まれ、

かつさらに激化する競争が見込まれます。

(もしかすると、インターネットよりもさらに魅力的な配信手段が、その内出てくるかもしれません。)

コンテンツ制作については、それほど大きく変わることはないでしょう。



結論として、、

有力なコンテンツホルダー(つまり ラジオ局)がインターネットを利用すると現状では最強です。

立場を比べると、コンテンツホルダーのほうがインターネット会社より強いはずです。

コンテンツホルダーはもっとインターネット(およびその業界)のことを勉強し、

イニシアチブをとってメディア融合を進めていくべきではないでしょうか。


尚、ラジオ/インターネット融合は、まだまだ序曲だと思います。

テレビ/インターネット融合が本格化したとき、

つまり、インターネットで動画データを快適に配信できるようになったとき、

面白いことがいろいろ起こるものと期待されます。






posted by 熊一族 at 11:08| ニューヨーク ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。