2006年10月10日

北朝鮮地下核実験後の対応は如何にあるべきなのか

今日の午後は、北朝鮮の核実験のニュースで持ちきりでした。


ニュースを見ていても、今日 実験されたのが どの程度の核兵器だったのか、、

また、どの程度の核兵器を持っているのか、、

は定かではないようですが、、、、

北朝鮮が核兵器保有国の仲間入りをしたのは間違いないようです。


北朝鮮は、国民が飢えに苦しんでいるようであり、近未来に政情不安が起こり得る国です。

加えて、現政権も、国家政策としての拉致、麻薬製造、偽札製造などをやっている可能性があるなど、少々(かなり)エキセントリックなところがあります。

そのような状態での核保有は、近くの国で暮らすものにとっては、非常に気持ちの悪いものです。

ソ連邦は崩壊前から核兵器を持ち、崩壊時/崩壊後も特に大事には至っていない という前例もあるため、心配し過ぎる必要は無いのかも知れませんが、不安は尽きません。


では、どういう対応をとるべきなのでしょう?

米国にしろ、中国にしろ、ロシアにしろ、そして 日本も、 本日のニュースを見ている限りでは、強硬な態度を示しているようです。

ですが、北朝鮮は核の盾を有してしまっており、話はそんなに簡単ではありません。


北朝鮮が自棄になり、「経済制裁は宣戦布告とみなす。 経済制裁を解かなければ、東京を攻撃する。」  というようなことを北朝鮮が言い出した場合(言いそうな気がします)、どうすれば良いのでしょう???

米国が本気で攻めれば、北朝鮮などひとたまりも無いのでしょうが、「窮鼠 猫を噛む」という言葉もあるとおり、その時には日本も相当手ひどい被害を覚悟しておかねばなりません。

であれば、北朝鮮を正面から攻めることは非常に困難です。 (世界秩序のために、日本が犠牲になる、、というシナリオも無いではないですが、日本経済の受ける打撃が世界経済に与える影響を考えると、米国もそういうシナリオは書きにくいでしょう。。。。)


では、北朝鮮に対して 妥協すれば何が起こるのか??

北朝鮮は、ますます軍事力に磨きをかけ、米国他にとって北朝鮮の脅威は増します。

それは誰もが避けたいはずです。


独裁政権がうまく終わり、民主政権が始まれば(その場合には おそらく韓国と合併するのでしょうが)、安定はするでしょう。

漫画の読みすぎかもしれませんが、ゴルゴ13の登場が望まれるところです。


安倍首相着任早々ですが、非常に難しい外交問題勃発ですね。。。

日本を始め、関係諸国がどのような対応をするのか、じっくり勉強させてもらおうと思います。

この件に関する安倍首相の手腕は、株式マーケットにもダイレクトに効いて来るでしょうし、目が離せません。









posted by 熊一族 at 00:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

安倍内閣について

テレビや新聞、ブログ等を見ていると、安倍内閣について色々な情報・見解を見聞きできます。


その中で、興味深いと思った情報・見解を紹介しますと、、、


@ 安倍首相は、首相官邸主導とすることを狙っている為、わざと地味な人を閣僚にした。

A 安倍内閣閣僚の仲には、ダーティな噂のある人もおり、ある種のスキャンダル爆弾を抱えている。


本当のところはどうなんでしょう???


官邸主導の体制を確立できると、硬直化気味の省庁主導の体制では難しかった改革を進めることが可能かもしれません。

そうであれば、「小さな政府」 と 「成長」 を両立することも不可能ではなく、理想的です。 

(実際には、官邸主導で、省庁のあり方を 今の時代に合わせて改変し、そこにやらせるのが効率が良いのかも知れませんが。。。)


ただ、爆弾を抱えている大臣がいると、、、

改革をするのには大きな障害となるかもしれません。

抵抗勢力側からすると、荒捜しをして告発すれば、改革を止める/遅らせることが出来ますから。。。
ラベル:安倍内閣
posted by 熊一族 at 21:08| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(2) | 時事・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

安倍晋三 自民党新総裁の政権構想を見てみました

最近の株式マーケットを見ますと、、、

日経平均はそれなりに着実な動きをしていますが、新興市場はメタメタ。


昨年から今年の初めの価格が高すぎた というのも真実でしょうが、それなりの成長を遂げる可能性が見込まれる企業にとっては、今の価格は少々安すぎる気がします。

特にインターネット系の企業。。。

どことも、海外展開が上手くいっていない という欠点はあり、これからのボーダーレス時代での国際競争で勝ち残れるかどうかは???で、各企業の頑張り次第だという気がしますが、新興市場全体としてのマーケットトレンドには、新政権の政策の影響も大です。


そこで、安倍晋三自民党総裁の政策を見てみました。

abe2006.pdf

総論としては、新興市場に与える影響のみならず、全般的に結構面白そうです。


特に、興味を持ったポイントは、、、

イノベーションの力とオープンな社会で日本社会の新たな活力を
  • 人口減少局面でもイノベーションにより日本社会の活力を維持良いヒト・モノ・カネを世界から集積。そのためのインフラ整備
  • アジアの成長を取り込む経済戦略
  • イノベーション活用で幅広い産業の生産性を向上させる
  • 最先端産業の研究開発を強力に支援
  • 世界最高水準の高速インターネット基盤の戦略活用プラン
  • 税と金融で中小企業を強力にバックアップ
  • 農林水産業、建設業などを戦略産業に変える
  • 責任ある企業経営とガバナンス強化
  • ロンドン、N Y に比肩するわが国金融市場の強化
  • 地球環境問題の重点的取り組み
労働者人口が減っていくこれからの時代、如何にして国家の衰退を食い止めるか、という点は最重要事項です。 

外国人労働者(含む優秀な知的労働者)と世界中の資産を惹き付けられる環境を整備するとともに、ヒューマノイド型ロボットの導入等による生産性の向上は欠かせません。

また、イノベーションを起こすことの出来る社会とするためには、基礎研究開発への投資、ベンチャー企業熱、及び牽引する人材を生み出す教育 が重要なファクターとなると思いますが、これらのポイントは一応政策に入っています。

その他、「高速インターネット基盤の戦略活用」が インターネット企業の活性化に役立つのではないか、、や、「農林水産業を戦略産業に変える」 ということで、企業の農業への参入が本格的に推進されるのではないか、、等 期待が膨らみます。

具体的に何が行われるのかわかりませんが、方向性としては なかなか面白そうです。


地方の活力なくして国の活力なし
  • 道州制ビジョンの策定で地方分権、行政スリム化を推進し、「民間主導の地方再生」を構築し「強い地方」を創出
  • 地方の魅力創出計画
  • 地方行革のさらなる推進
  • 美しい国土の総合的な再生プラン策定
  • 国の隅々における安心安全体制の確立
地方の力を活かし、一極集中体制から脱却することは、日本を更に成長させる上で重要です。

地方の発展の仕方として、

 @ 各地方の本来の良さを磨き、観光客/引退者を惹き付けられるようになる。
 
 A 各地方の各地方らしさを大切に、特産物を他地方&海外に発信する 

 B ビジネスの出来る環境を整え、労働者の居住地として発展させる (← ブロードバンドの発展、TV会議システムの発展 等により、東京一極集中のメリットは、以前よりは小さくなってきており、地方発展のポテンシャルは高まってきていると思われる。)


道州制導入による地方活性化は、教育改革とともに 安部内閣に大きく期待するポイントの一つです。

課題としては、これまで地方の戦略立案機能は国に依存していたように思いますので、道州制を実施して 各道州がきちんと機能を果たすまで、それなりに時間がかかると思います。 

中央官庁の敏腕官僚や、民間の企業人を如何に各道州の運営に巻き込むか、が肝ではないでしょうか。


成長なくして財政再建なし
  • 将来の世代にツケを先送りせず、財政を確実に健全化
  • 歳出・歳入一体改革の具体化においては、経済成長を前提に、歳出改革に優先取り組み
  • 消費税負担のあり方、直接税のあるべき所得再分配効果など、中長期的視点から総合的な税制改革の推進
本当に実行出来るのかどうかは分かりませんが、目指す方向としては魅力的です。

どのような手を打つのか、注目です。


 「百年の計」の教育再生をスタート
  • すべての者に高い学力と規範意識を身につける機会の保障
    • 数学、理科、語学など基礎学力再強化プログラム
    • 公教育の充実・強化
  • 高校、専修学校、高専等における社会ニーズにマッチした教育体制の強化
  • 大学、大学院の国際競争力強化と国際連携推進
  • 研究開発機関の再編・強化
  • 学校、教師の評価制度の導入
  • 学校教育における社会体験活動の充実
日本の教育制度のレベルの低さは悲しいものがあります。

初等教育のレベルを上げて 人材の底上げを行うとともに、大学教育のレベルを向上させ、世界のトップティアの人材と グローバルな場で対等以上に渡り合える人材の育成も重要なテーマです。

ただ、現状の悲惨さを考慮すると、単なる仕組みの変更だけではワークしないような気もします。

レベル向上に対する若者のインセンティブを上手く刺激するにはどうしたらよいのか 等、新制度の運用方法の確立も重要なテーマでしょう。



官邸主導で、しがらみにとらわれない政策運営をする、という前例を小泉首相が作り上げました。

安部晋三次期首相が、その体制を踏襲し、中長期的視点での日本の発展に必要な施策を実現していけるのか、

また、短期的にも株式マーケットにプラスの影響を与えられるのか、

注目のポイントです。
posted by 熊一族 at 11:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

アメリカの空港のテロ対策 (えっ そんなことまで。。。)

イギリスでのテロ未遂を受けて、各地の空港等でセキュリティのレベルが上がっています。

以前ニューヨークに住んでいた関係で、ニューヨーク領事館からの在留邦人向けのE-Mailをもらっているのですが、JFK空港のセキュリティ情報を見て、目が点になりました。
<JFK空港ターミナル1>
・チェック・イン・カウンターの外(制限エリア外)で販売されている飲料については、 ボディ・チェックを受ける前に消費しなくてはならない。

・ボディ・チェックにおいて、靴を脱ぐ検査方法はこれまで通り行われる。

・全ての液体(歯磨き、ローション他のジェル状液を含む)は量の多寡を問わず機内持ち 込み禁止。例外はベビー・フードとインシュリン等の必要不可欠な薬(市販の液体薬程 度では認められず、医師の処方箋を伴うもの)。

・免税店にて購入した液体は、航空機搭乗以前に全て消費しなければならない。

・機内販売にて購入する液体については取り扱いに問題なし。

この中で、特に目を惹いたのは 次の項目:

・免税店にて購入した液体は、航空機搭乗以前に全て消費しなければならない。


免税店で、ウィスキーを買うのが大好きな私としては、このルールは無視できません。

免税店でウィスキーを購入した場合、航空機登場以前に全部消費しなければならない・・・


免税店では、1リットルx3本まで免税限度内で買えるわけですが、それを消費するのは 余程の飲ん兵衛でも不可能でしょう。

「航空機に持ち込めない」 では無く、 「消費しなければいけない」 というところが ツボにはまっています。

搭乗口で、「オラオラ、全部飲めよ〜 」 と係官が酒を強要している姿が目に浮かんだりして。


ルールを知らずに、搭乗口でつぶされる事の無いよう、機内販売を利用しなければいけませんね。
posted by 熊一族 at 00:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

日本の安全保障を考える

北朝鮮のミサイル発射後、株価は低迷しています。
 
(個人的には、メリルリンチがソフトバンク(9984) を売り推奨、目標価格1,800円としたことのことが大きいのですが、、、。)
 
 
その後、ニュース等でも、北朝鮮問題があちこちで取り上げられています。
 
当たり前のことですが、この件は 株価がどうこう といった次元を超えた、大きな問題です。
 
 
ニュースを見ていて不安に思ったことをふたつほど。
 
  • 日本は北朝鮮から近いため、ミサイルを発射されたことがわかっても迎撃は難しい。 現時点では、迎撃システムは無い。
 
  • 発射直後、小泉首相、安部官房長官、額田防衛庁長官といった総理官邸に詰めていたメンバーよりも、米国駐日大使のほうが、正確かつ分析された情報を持っていた。


 
もっと真剣に、何らかの対策を打たねばならないのではないでしょうか。
 
「PAC3の配備を前倒しする」 とのことですが、前倒しではなく直ちに配備したほうが良いと思います。
 
 
北朝鮮が米国に届くミサイルを持っている以上、情勢によっては 米国が北朝鮮を攻撃するかもしれません。
 
そうなると、日本も ミサイル、テロ等によって 戦場となる可能性は否めません。
 

こうした状況を未然に防ぐべく、政治的、経済的に外交で対応するのが第一だと思いますが、
 
最悪の事態が生じた時に、被害を未然に防げる体制を整えることこそが 自衛隊の役割だと思います。
 

外交、自衛体の能力ともに、現状で十分だとは思えず、不安が募ります。
 
 

posted by 熊一族 at 10:36| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 時事・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

グリーンスパン

マーケットに多大なる影響を与える FRB議長グリーンスパンさんの退任が、来年1月に近づいてきました。

残りあと半年をきって、カンザスシティー地区連銀主催のシンポジウムの閉会あいさつにて、「米国の住宅価格の急激な上昇は「必然的に」鈍化せざるを得ず、価格が下落する可能性もある」、との見方を示したそうです。

これまでも こういった趣旨のことはしばしば言われていたような気がしますが、現在までのところ、住宅価格がピークを迎えた様子は見えていません。

ただ、短期金利が今のペースで淡々と上昇させられ続き、それに連れて長期金利まで上昇し始めるとすると、不動産のバブルがはじけるのは そう遠くないでしょう。

ハードランディングになるのか、ソフトランディングになるのかは、よく分かりませんが。


米国株を買うタイミングとして、住宅価格の下落→米国株下落 を待っている私としては、今後の動向が非常に気になります。 

住宅価格の下落とグリーンスパンさんの退任が同時期に重なると、、、思いの外 大きな買い場が訪れるかもしれません。
posted by 熊一族 at 18:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。