2005年12月29日

デイトレードに挑戦を試みるも、、、

勤めている会社が昨日で仕事納めだったので、今日から冬休みです。

そこで、、、

前々から一度やってみたいと思っていた 株式のデイトレードに挑戦してみることにしました。


朝起きて、コンピューターの前に座り、イートレード証券のページを開きました。

(寝坊したので、スタートは10時前でしたが、、、。)

昨日と比べ、既に値段は上がってしまっています。

何を買えばよいのやら。。。

どんな株が短期で動くのか、全く見当が付きません。


ヒントを得る為ニュースを見ると、日立ソフトウェアエンジニアリングがビジネスブレイン太田昭和へのTOBを成功する目処が立った、との記事を発見しました。

何か面白い動きがあるかな、、と思いきや、買付け価格は615円に対し、その時点での価格は620円。 

ディスカウントのTBOの様子。。。。

これは、余り面白くありません。。。


次に目に付いたニュースは、JASDAQが注文過多により、注文受付機能が低下している、との記事。

このシーズン、しかもJASDAQ。。。 

おそらく、僕と同じような にわか素人デイトレーダー が売買を繰り返しているんだろうな、、、と想像が膨らみました。

ですが、何を買ったらよいのか、、、全く良いアイデアが出ません。


信用取引の買い残、売り残も見ましたが、すぐにどれがどうこう、、というアイデアは全く沸いてきませんでした。


全体感としては、年内は上がって年明けに調整が入るような気がしています。

なら、明日 空売りから入り、年明けに買い戻した方が良いのかも知れません。 

一方、過熱感が高まっているこの相場での空売りは、時期を見誤ればかなり大きな損失につながります。 

そこまでのリスクをとるだけのリターンがあるのか????


結論として、、、 僕にはデイトレードをやる能力がゼロであることがわかりました。

今後も、中長期的な流れだけを見て、投資を行っていきたいと思います。


posted by 熊一族 at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

なまはげ と くりすます その3

いよいよ最終日。

朝は雪も止み、いい感じの朝でした。


日の出が見られるかな、、 と思いながら、寝ボケ眼をこすりながらコンタクトレンズをはめて、展望風呂へ行きました。

相変わらず お湯は極めて良好ですが、天気はいまいち。

日の出を見ることはできませんでした。


その後、朝食バイキングをもりもり食べた後、部屋に戻って2度寝。


9時30分ごろチェックアウトし、羽立駅までホテルのワゴン車で送ってもらいました。

そのはずでした。


が、羽立駅で、電車が止まっていることが判明。

大雪の為 昨年来止まっていた電車が、この朝から動くはずだったのですが、倒木のため運転再開が遅れているとのこと。

やはり、すごい雪だったようです。


その後、ホテルのワゴンで、秋田駅まで送ってもらいました。

ですが、その途中から大雪が再開。


秋田新幹線が止まったらどうしよう。。。 そう思いながらもどうしようもありません。


仕方が無いので、秋田駅前で再度 稲庭うどんを食しました。

こんどは、うどんすきです。

udonsuki1.jpg


味の濃さが若干気になりましたが、それなりに美味しくいただけました。 (個人的には、旅行初日に食べた、ゴマだれで食べる せいろ の方が好みです。)


その後、駅ビルまわりで土産類を購入しました。

まだ食べていませんが、ハタハタ寿司 も買ってみました。

あと、太平山の純米吟醸酒を2本、ぬれおかき(七味味、ゴマ味)も購入。

楽しみです。


そして、雪が激しさを増しているなか、秋田からこまちに乗り込みました。

komachi2.JPG


こまちは、大雪にもかかわらず 順調に走りました。


車内では、アップル創業者のスティーブジョブズについて書かれた本 「スティーブ・ジョブズ-偶像復活」を読みました。

この感想は、後日気が向いたときに書きますが、いろいろと考えるところがありました。

最近、「良い仕事とは何だろう?」 と自問することが多いのですが、ヒントになるところがいくつかあったのです。


そうこうしている内、新幹線は大宮に着き、そこから高崎線に乗り換えて家路に着きました。


一風変わった 2泊3日のクリスマス紀行でしたが、思い出に残るものになったと思います。
 
posted by 熊一族 at 22:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

なまはげ と クリスマス その2

なまはげ旅行、2日目は停電から始まりました。

日の出を見ながら展望風呂を楽しもうと起きだしたところ、電気がつきません。

どこか主電源を落としてしまったのかな、、、と寝ぼけた頭で考えつつ、コンタクトレンズをつけることをあきらめ、メガネにて風呂へ。

が、エレベータは動かず、非常等も付かず、階段ホールにはローソクが立っていました。

rosoku.JPG


風呂も真っ暗。 

人は、私のほかに2名ほどいました。


外が徐々に明るさを増し、日の出の時間を待っていたのですが、外は曇りでやっぱり駄目。

ただ、寝起きの温泉は最高でした。


そして、朝食へ。

まっくらな階段を下りていきました。

朝食は、和洋バイキング。

真っ暗なバイキングはちょっと異様です。 

ogachosyoku2.JPG


クリスマスイブの日ですし、ちょっとロマンチックな気もしたのですが。。。


2日目のこの日は、今回の旅の主目的の一つであるなまはげ舘に行こうと思っていました。

ですが、停電になるくらいの大雪です。

そこまで移動する術も無く、また、なまはげ館も休み。

ちょっとがっかりでした。。。。


そこで、一日中ホテルでぷらぷらしていました。

窓外の雪景色は、なかなか美しかったのが救いでした。

madonosoto.JPG



そして、酒も飲みながら。。。

gogosake2.JPG



そして、前日の晩に遭難しかけた隣の男鹿ホテルの露天風呂に、再度出かけました。

ogahotelgaikan.JPG



温泉街の雰囲気もなんともたまりません。

ogamachi.JPG



また、途中、雪に埋もれた車を何台も目撃し、本当に大雪なんだなぁ、と再確認しました。

ogakuruma.JPG



露天風呂は、この日も最高でした。

ogaroten.JPG


ogaroten2.JPG



この男鹿ホテルでも、なまはげを見ました。

oganamahage2.JPG


なまはげ館には行けなかったですが、たくさんのなまはげと出会いましたし、まぁ良いかな、、、と思うようになりました。


この日の夕食は、きりたんぽ鍋や鯛のかぶと煮、鯛釜飯を含むなかなか豪華料理。

酒も冴えていました。

ここの飲み物メニューは、酒好きにはたまりません。

nomimono.jpg


食べ物良し、酒良しの秋田のことが、好きになりました。
posted by 熊一族 at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

なまはげ と クリスマス その1

23-25日の3連休、男鹿半島まで旅に出ました。

コンセプトは、なまはげ と過ごすクリスマス。 サンタクロースの代わりに、なまはげ ということです。

チケットは、JR東日本のえきねっとで購入しました。 

これまで、交通手段、旅館を別々に予約していたのですが、このえきねっと、なかなかお得感があり、いい感じでした。


23日の朝、まず こまち にて秋田へ。

komachi1.JPG



秋田では、稲庭うどんを食べに七代佐藤養助秋田店へ。

7yosuke.JPG


稲庭うどんを食べました。

yakumi.JPG

ゴマだれで食べる稲庭うどんは、思いのほか美味。 

ファンになってしまいました。

うどん というよりは、そうめん という感じはしますが、たまに食べたい味です。


その帰り、この旅 一つ目 の なまはげ を見つけました。

namahage akita.JPG


イメージの なまはげ とは少し(だいぶ)違いましたが、まぁ良いでしょう。


その後、ローカル線で男鹿へ。

local1.JPG


ここで、2つめの なまはげ を見ました。

local2.JPG



途中、地酒を飲みながら羽立まで。

sake1.JPG


hadachi.JPG



羽立からは、旅館の送迎バスで、男鹿観光ホテルまで。

ホテルの入り口では、若干本格的ななまはげが。。

oganamahage1.JPG


やっぱり、本場のなまはげは違います。


部屋は7階で、眺めは上々でした。

そして、早速、8階(最上階)にある展望風呂へ。

展望風呂は、写真で見るのと比べるとかなりしょぼしょぼに見えましたが、お湯は最高でした。

源泉かけ流し だそうですが、看板に偽りなし。

かなり、満足できました。


そして、夕食。

普通の旅館料理に加え、男鹿名物の石焼 という漁師料理を食べました。

ishiyaki1.JPG


ishiyaki2.JPG


ishiyaki3.JPG



お酒を飲みながら夕食を楽しんだ後は、泊まっている旅館と姉妹関係にある隣の旅館 男鹿ホテル の露天風呂へ。

浴衣につっかけのスタイルで出かけたものの、外は大吹雪。

旅館の人の驚いた顔も気にせず飛び出しましたが、風はビュービュー、そして、足は膝まで雪に埋もれながらの移動。

すぐ隣のホテルまでだったものの、凍傷と遭難におびえながら、何とか到着。


ただ、露天風呂は最高でした。

吹雪が顔に当たる中での適温の露天風呂。

真っ暗で景色は見えませんでしたが、最高でした。 

(今年はじめに、零下50度の中入った、アラスカの露天風呂を思い出しました。)


初日はこんなところです。

2日目に続く。。。







posted by 熊一族 at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

株価調整、すぐ終わるのでしょうか? それとも、、、

先週後半、急速に円高が進むのと同時に、株価がくくっと下落しました。

その直前(ジェイコム事件後)の上がり方が激しかったため、単なる価格調整なのかもしれませんが、そうでないかも。。。


悪い材料を考えると、いろいろあります。


まずは為替。

この急激な変化は若干行き過ぎ感がありますので 一旦は少し戻すのでしょうが、円高のトレンドが続く可能性は大です。

しかも、急激に振れる可能性はあります。

米国雇用促進法の効用が切れることや、来年の中間選挙に絡む色々な思惑により、現在 円の低金利をエンジョイしているキャリートレード資金が逆流することが予想されます。

同時に、証拠金を使ってレバレッジをかけまくっている個人資金も、ボラティリティを高めるのに役立つでしょう。


円高になれば、輸出産業は大打撃です。 

今のうちに、少なくとも円高で痛みをこうむる銘柄は売っておいたほうが良いのかもしれません。



次は、増税。

所得税増税は、少なくとも私には大きな衝撃です。

もともと、我が家の財布の紐はゆるく無いのですが、更に締めたくなる気分大です。

こだわりの品は、これまでどおり売れるかもしれませんが、ちょい高な日常品の売り上げは落ちるような気がします。

内需コンシューマー向け企業の動向にも暗雲が立ち込めるのでは無いでしょうか。

今後、消費税増税の話がもう少し見えてくると、消費者の財布の紐はますますきつくしまることになるでしょう。



上には悪材料を並べてみましたが、、

そうは言うものの、まだまだトレンドは上向きですので、すぐにポートフォリオを抜本的に見直そうという気にはなりません。

今年の忘年会シーズン、夜の街は非常に元気です。

このクリスマス商戦、結構面白いことになるのではないかな、、、と思い、取り敢えず ソニー を買ってみました。 (個人的にPSPが欲しかったりするだけなのですが。。。)


為替の影響にもよりますが、来年3月の決算が発表されるころには、いろいろGood Newsが出るのではないか、、、と密かに期待しています。 



まとめとして、、、

もし、今の株高がバブルで、先週後半の下落がバブル崩壊の序曲だとしたら、私は確実に負け組に入ります。 

来るべき 上げ相場 → 下げ相場 への転換期にどのように対応するべきか、

徐々に、 株式 → 債権をショートする投資信託 への移行を進め、株価急落時のショックを若干でも和らげられるよう、気にはしているのですが、、、

最大の課題です。




posted by 熊一族 at 22:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

インデックス社

最近、インデックスを買増しました。

インデックス時価総額は現在2900億円。

モバイル インターネットのマーケットはこれから急拡大するでしょうから、3年後には1兆円になってもおかしくありません。

その過程では 第三者割当を繰り返すでしょうし、持分がそのまま3倍になるわけではないでしょうが、かなりの確率で勝てると読んでいます。

例え 株式マーケットがしぼんでしまっても、キャッシュを生む実態の伴った世界の話だと思いますので。


ただ、直近の株価は、、、

メジャーな銘柄の株価がハイペースで値を上げる中、インデックスはいまいちです。


まあ、短期での値動きに一喜一憂しても仕方ないですが、、、。


そんな中、12月9日(金)に、インデックスはプロミスやテレビ局向けに186億円の第三者割当増資を行いました。 

消費者金融にテレビ局、、、 インデックスの将来のことを考えれば悪い相手ではありません。

資金使途も前向きであり、悪い話ではありません。


長期的視点に立てば、よくわからない第三者からお金を引っ張るのと比べて Good Newsです。


ただ、一つ気になることは、、、

第三者割当増資の1株あたりの価格は 13万9500円。

ちなみに、先週終値は、14万7000円。

このディスカウント、マーケットがどう見るのか 気になります。

posted by 熊一族 at 21:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

ある意味、贅沢な悩み

今週後半の株式マーケットの強気ぶりには目を見張るものがありました。

日経平均15,000円を超えたあたりから、何かが吹っ切れた感じさえします。


そんな中、ちょっと悩んでいます。


実は、その上がり相場の中で、指値していた価格に到達し 売りが成立した銘柄があることもあり、現在手元に現金がそれなりにあるのです。

この現金、どう料理しようかな、、、 と思うのですが、目をつけていた株は、現ポートフォリオに入っている株も、買いそびれてしまっている株も、想定していた値幅のはるか上方まで来ています。

3年ほど前の下げ相場の局面であれば、間違いなくキャッシュを持ったまま買い場を待つ、という方針で迷わなかったでしょうが、今は凄まじい上げ相場です。

特に ボーナスシーズン。 世のアマチュア投資家の人たちのボーナス資金が大量に株式マーケットに投入される可能性のあるタイミングで、まだまだ上げていくかもしれません。

これすなわち、現金で置いておくことのオポチュニティコストたるや、結構なものがあることを意味します。


一方、ふと冷静になると、上記した 上がり続ける株価に乗り遅れる恐怖 こそバブルの源泉ではないか、、という気がしてきます。

この恐怖をうまく制御し、マーケットを冷静に見る目を持たないと、マーケットに調整が入る時に痛い目にあってしまいかねません。


悩みは尽きませんが、とりあえず、一部は 国債価格と逆連関して動く 投資信託 を購入することにしました。

残りは、株を買うことを検討中ですが、今のまま行ってしまうのか、はたまた一旦 日経平均 15,000円をはさんだあたりをうろうろする形で微調整が入るのか、、悩みは尽きません。



posted by 熊一族 at 17:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

ヘラクレス個人向けIR会に行ってきました


ヘラクレスの個人向けIR会に行ってきました。

個人向けIRを 講演会形式でせいぜい200人程度の個人を集めてやって、どれほどの成果につながるのか、大いに疑問を感じますが、参加する方からすると、ただで新興企業の社長から話を聞ける面白い機会です。


お目当ては、 ブロードバンドタワー。


話を聞く前の私のBBタワーに対するイメージは、、、

同社の稼ぎ頭である、iDC (インターネットデータセンター)事業は、インターネット/ブロードバンドの発展には欠かせないものであることは分かるのですが、付加価値が高い商売であるとは全く思えず、将来的に高利益を生む商売に化ける可能性は感じられません。

一方、同社もそれを認識しているようで、将来的に高成長する可能性のあるコンテンツビジネスに手を伸ばしてきているのですが、本業のiDCとのシナジー関係がいまいち見えず、コンテンツビジネスにて成功する可能性もそれほど高いとは思いません。

成功する可能性は、ゼロではないと思いますが、在京のテレビ局 や、 吉本興業 等 と比べると、かなり見劣りします。


なのに、、、

前期の売上/純利益が 49億/6億 なのに対して、時価総額は570億。

上場直後の最高値は、1800億円程度までいっていました。


何故こんなに高いのか?

その疑問を払拭するのが参加の目的だったのですが、、、

結局、社長からは 納得感のある説明はありませんでした。

もしかすると、説明の余り無かった親会社 インターネット総研 との絡みが強みになっているのかも知れませんが、よく分かりません。


もしくは、、

この会社の強みは、本業のビジネスよりも、

「会社名と名前でイメージを高め、素人投資家向けに売り込む」

そういった、マーケットで金を集めるノウハウなのかもしれません。


例えば、、

「ブロードバンドタワーは、ブロードバンド時代の東京タワーを目指してつけた名前だ」 ということが同社ホームページにも書かれてありますし、また 説明会でも社長が言われていました。

冷静に考えると、「テレビ放送が全盛の現在、東京タワーの所有者はもうかっているのだろうか?? 儲かったのはテレビ局なのでは??」 等と言う気もしないではないですが、イメージを売り込む上では、そんなことはどうでもかまいません。


いろいろ考える良い機会でした。


posted by 熊一族 at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

(株)タカラ と (株)トミー

タカラ と トミー の合併 による タカラトミー の誕生、及びその親会社であるインデックスの動向には興味があります。

元来タカラには面白い発想で新しいものを生み出す能力があるようであり、この組み合わせで何か面白いことが起こるのかなぁ、、と期待しています。


ただ、株式マーケットを見ていて、一点 腑に落ちないことが。。。


タカラ と トミー の株価です。

両社は、今年8月には合併契約を締結し、既に生産、技術、仕入、QC機能に関しては一部統合を実施済です。 

おそらく、合併が中止になることは無いと思うのですが、、、、

株価が合いません。


昨日終値時点での株価は、 タカラ 425円 トミー 1063円。

合併比率は、タカラ1株に付き新株を0.356株、トミー1株に付き新株を1株割り当てると言うものです。

その比率で、現在のトミー株をタカラ株に直すと、、、 378円 になります。

タカラの時価と比べると、46円  実に12%以上の乖離があります。

この乖離には以前から注目しているのですが、今までのところ、縮小する気配は見えず、逆に拡がっているようです。


合併が予定通り実施される限りにおいては、合併が起こる3月末までには 嫌でも収束するでしょうから、もしかすると、アービトラージの大チャンスなのかもしれません。 

12%の開きは、かなり美味しいです。

アメリカには、M&Aを専門にアービトラージチャンスを仕掛けるプロ集団がいると聞いたことがありますが、日本のマーケットではマダマダ素人が入り込める美味しいチャンスがあるのでしょうか?

それとも、マーケットは合併が中止される可能性が高いと見ているのでしょうか?


私の現在の攻め方は、リスクをとって(合併が成功裏に両社の企業価値を高め and/or 東京市場が上昇を続け、 新タカラトミーの株価が上昇することに賭けて)、トミーの株を持っているだけです。 (仕込んでから今までは、このやり方で正解でした。)

ですが、ここまで株価に乖離が出てくると、エクスポージャーをぐっと増やして、タカラ ショート / トミー ロング の攻めを仕込むことも検討しても良いのかもしれません。
posted by 熊一族 at 12:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

ポートフォリオ入替えるべきかどうか??

円建てポートフォリオ戦略を何となく考えています。

振り分け方は、テーマ別です。

例えば、株式であれば 省エネ/環境にやさしい企業、団塊引退時代に儲かりそうな企業、直接金融の比率が高まれば儲かりそうな企業、インターネットによって商売のあり方が変われば儲かりそうな企業、などなど。 (狙いの具体的な銘柄名はヒミツです。)

そして、その他では、金利が上がれば儲かるデリバティブ型ファンド なんかにも、ポートフォリオの一翼を担わせる予定です。


ただ、現時点の私のポートフォリオは、上記のテーマに沿っていない銘柄が結構な割合を占めています。


その割合をチェックする為、試しに 今日の時価ベースにて円グラフを描いたところ、、、

何と45%が、現時点での保有対象テーマ外。。。 

4年ほど前に仕込んだポートフォリオの残党です。

ただ その45%は、結構な含み益を持っていて、売却すれば無視できない課税所得が発生してしまいます。

税金の面からは、ポートフォリオ再編は年明けにするべきでしょう。

ですが、最近の日本株の値動きは激しいですから、年が変わるのを待っているうちに、狙いの銘柄の上昇率が、その45%の銘柄の上昇率を大きく上回る可能性も否めません。

迷いは尽きません。。。
posted by 熊一族 at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。